大人なピアノの楽しみ方

印刷

高齢になるにつれて

普段の動作も少しずつ遅くなり

ピアノも若いころの様に

速いテンポでは弾けなくなった、という方も

いらっしゃるかと思います。

 

では、こんな風に考えてみては如何でしょうか。

 

同じ道を車で通るのと

歩いて通るのとでは

見えるものが違うのではないでしょうか。

 

車で通るときは大きなものが目に入りますが

頭に入る情報量とすれば、それほど多くはないかと思います。

 

でも歩いて通ると

車より時間はかかりますが、

道端に季節外れのタンポポが咲いていたり

カフェのランチメニューが「ギョウザ定食」だったり

理容室は、いまだにパンチパーマのポスター貼ってる!とか。

 

小さな情報を沢山目にすることができます。

 

同じようにピアノも

1曲をじっくり味わうように

「このフレーズってどうしてこんなに美しいんだろう」と

ちょっと立ち止まってみると

とても意外なヒントが隠されていたりして

それに気が付くと、何とも言えない感動が沸き起こってくる。

 

確かに立派な演奏はそれだけでも素晴らしいのですが

スローライフ的に

ゆっくりと感動を味わいながら少しずつ弾けるようになるのも

とても素敵な事だと思うんです。