Vinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.x

    ピアノの練習の仕方について。

    最近入会した生徒さん。

    過去にピアノを習ったことがあるそうですが

    初心者さんです。

     

    初めに、持参したテキストの中から1曲弾いてもらいました。

    スラスラと弾けたのですが、

    私は思うところがあって、そのテキストの一番最初の方の曲を選びました。

     

    すると案の定、全く弾けません。

    音符が読めないのです。

     

    生徒さんに

    最初に弾いた曲がスラスラと弾けたのは

    どんな練習をしたの?と質問すると

     

    「お手本を真似をして、ひたすら練習しました」と答えました。

     

    音符が読めないまま、

    「お手本を見よう見まねで何度も練習する」。

    この方法では、忘れてしまったら全く弾けなくなるという事になります。

     

    音符を理解し、練習の方法を身につければ

    再度ゼロからのスタートではなくなります。

     

    私はこの生徒さんにまず

    「思考回路を変える」事を徹底的に教えています。

     

    1)「音符を見る」

    2)「弾くべき音を頭に入れ、指に伝達する」

    3)「確信してから音を鳴らす」

    1)~3)の繰り返し。

     

    ピアノを初見でスラスラと弾ける人は

    この循環のスピードが

    訓練によって速くなっています。

    初見に強くなれば、

    曲を忘れて弾けなくなるという事はありません。

     

    この循環をスムーズにするための

    細やかなトレーニングも必要です。

     

    指を見ないで弾く。

    音のつながり方(音程)で読む、など。

     

    私は、この生徒さんが将来結婚をして

    ふと、自分の時間が出来た時に

    好きなピアノをスラスラと弾けたら

    きっと楽しいんだろうなあ~、って思うんですよね。

     

    自立した練習が出来るようになれば

    それは可能です。

     

    これって

    どんな勉強も同じなのかもしれませんね。

     

    「その場しのぎ」ではなく

    自立のための力をつける。

     

    講師は、どうしたらそのような力を付けられるかを

    知っています。

     

     

    この生徒さん、レッスンを始めて3ヶ月経ちます。

    先日のレッスンでは、先ほどの1)~3)で

    ゆっくりではありますが

    随分と正確さが増してきました。

     

    正確に弾けると、テンポはゆっくりでも

    メロディが留まらずに流れるので

    楽しく感じられるようになります。

     

    レッスンに来て始めの頃は緊張していた生徒さんでしたが

    今では、ニコニコで楽しそうです。

     

    毎日、10分でも20分でもこの方法で

    集中して練習すれば、効果は必ず上がります。

     

     

    これからが楽しみですよ!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Please publish modules in offcanvas position.