Vinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.x

    着物で歌声!しかし。。。

    母が残した着物を着るために

    昨年の春から着付けを習い始め

    「いつかちゃんと帯が結べるようになったら

    歌声サークルに着て来ます!」と

    メンバーの皆さんに約束をしていました。

     

     

    新年が明け

    年初めの歌声サークルに

    着物を着て行くことにしました。

     

     

    皆さん喜んでくださるかなあ~と

    淡い期待を持ちつつ

     出発する1時間前から着付けを始め

    鏡で何度も確認しながら

    慎重に着付けました。

     

    身長148センチだったの母の着物は

    私には丈が短いのだけれど

    ピアノを弾くのには

    袖や裾が邪魔にならず

    ちょうどよいのです。

     

    会場まで車で移動。

    草履で運転すると捕まるので

    これまた母の介護用のごっついズック靴を履いて運転。

    もうこの時点でかなりカッコ悪い。

    とてもじゃないけど

    お店に寄ってお買い物なんてことは出来ないのです。

     

     

    会場に到着!

    玄関で

    さあ草履に履き替えようと

    袋から草履を出しました。

     

     

     

    ところが。

     

     

     

    草履が片方しかない。。。。

     

     

     

    えーーーッ!まじかい!

     

     

     

     

    はあ。。。。

    深くため息を一つついてから。

    心はもう開き直りだ。

    しかしどういうわけか

    頭だけは冴えている。

     

     

    「よし受付でスリッパを借りよう」

     

     

    ズック靴を履いてやるより

    いいんじゃないか!と

    良いアイディアが浮かんだ

    自分を褒めたくなった。

     

    嬉しそうにスリッパで歌声。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Please publish modules in offcanvas position.