Vinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.x

    調子に乗って、合成写真に挑戦してみた

    YouTube鍵ハモシスターズ

    元旦にアップし、

    只今地味~に視聴者数を伸ばしております。

    ご覧いただき、また

    チャンネル登録をしていただき

    誠にありがとうございます!

     

    その後、名刺の作成に挑みましたが

    以前のデータが使えなくなったので

    新しいソフト「らくちんプリント」をダウンロードし

    「なっとく名刺」でデザイン完了。

     

    いざ印刷すると

    写真はボケルわ、ミシン目が

    印刷の途中で切れて紙詰まるわ、印刷がズレるわ

    主人に「写真が老けて見える」と言われるわで

    もう結局、全部ダメにしちゃった。

     

    まったく、何をやっても

    一回ですんなり作れたためしがないんだから。。。

     

     

    んじゃ、写真を新しく撮り直そう!と思い

    まずは動画を7~8本撮りました。

    最近、スクリーンショットを教えて貰い

    簡単に面白い写真が出来るように。

     

    余談ですが

    去年、主人が部屋の壁紙を張り替えてくれて

    それはそれは白くて綺麗な部屋になったので

    写真撮影には最適!

     

    とう言うわけで、プロフィール写真が出来

    「なっとく名刺」も、写真が綺麗に写るツヤツヤな紙で印刷。

    印刷中にミシン目で切れる事もなく、順調に100枚仕上げるも。。。

     

    印刷の設定を光沢紙にしなかった為

    写真が薄い!!

    設定のせいだと気が付くのが遅かった~~~。

     

    この100枚が手元から無くなるのはいつなんだろ。

     

    さて、

    名刺に載せるプロフィール写真は

    背景を真っ白くしたかったので

    スマホアプリ「写真を合成」を使いました。

    切り抜きのアプリがいくつかあるけど

    コレが一番私には使いやすかった~

     

    白い壁の部屋で写したけど

    実際には少し青みがかったりするので

    人物を切り取るのが一番。

     

    簡単に自動で切り抜くことが出来て

    気をよくした私は

    今までは面倒でやったことの無い

    写真の合成にチャレンジ!

     

    背景は、ネットで無料写真をゲット。

    画面いっぱいに引き延ばすと全体が少しボヤケて

    合成に使うにはちょうど良い。

     

    ほんで出来たのがコレ。

    ウホホ。

    まるでカフェで弾いているみたいだ。

     

    次に出来たのがコレ。

    ビルの屋上で弾いてるみたいになった。

    高い所が大好きなんだわ~。

     

     

     

    調子に乗りすぎて

    これは、もはやミュージシャンでは無い。

    でも、なんか気分が良い。

     

     

     

    おっ!そうだ!

    鍵ハモシスターズのも作ってみようかな。

     

     

    しかしこれは切り抜きが大変。

    集中力が必要だわ。。。。

     

     

    字は手書きにしてみた。

    砕けた雰囲気で楽しそう!

    ってか

    バカ笑いだよね、私ってば。

     

     

    「かしまし娘」か。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Please publish modules in offcanvas position.