初めて和服でランチに参加しました

印刷

春から習い始めた着付け。

月に2回通っています。

 

先月は浴衣を着て

歌声サークル7か所に行き

皆さんがとても喜んでくださいました。

 

去年までは浴衣も一人では着る事が

出来ませんでしたが

随分と慣れて

今では帯も簡単に結べます。

 

難関はやはりお太鼓。

仕事が終わった後

夜に練習をするのですが

汗だくになりながら

でもどこかは必ず失敗をするのです。

 

今日は、着付け教室の皆さんと

着物でランチ会があり

私は初参加!!

 

随分と練習しましたよ。

 

着物の中心を揃え

お太鼓の位置などを入念にチェック。

慎重に慎重に。

 

やった!

恐らくカンペキです!

 

出かける前に父に見せると

「お~上手に着られるようになったなあ」と

目尻を下げて喜んでいました。

 

レストランに到着すると

先生が「とても綺麗に着る事が出来たわね!」と

褒めてくださいました。

 

この教室では

まず補正下着を作るところから始まります。

この下着があることで

紐できつく縛っても苦しくなりませんし

着崩れもしません。

 

私にとって和服を着る事は

自分の為というよりは

お客様に

着物姿を見て楽しんで頂きたいという思いの方が

強いんです。

 

歌声サークルの皆さんには

お太鼓が結べるようになったら

着て来ると約束しているので

楽しみにしてくださっていると思います。

 

母が残してくれた

着物を

私が引き継ぐことが出来たのが

本当に嬉しい!!

 

着方を忘れないように

教室にはこれからも通い続けたいと

思っていますよ。