生徒さんとの信頼

印刷

 ある大人の生徒さんのレッスン。

自分でアレンジし、楽譜も書いています。

「私が一生懸命頑張った点を

先生がちゃんと認めてくれるのがとても嬉しい」と

言っていました。

具体的に、どの部分をどのようにして頑張ってきたのか

それは、生徒と先生にしか分からない事で

的確さをもって褒め、認めることは

指導者としての信頼に繋がると私は思っています。

 

1曲で注意する点については

一つか二つ。

的を絞った方が

練習もしやすくなります。

 

結果を求めることも大事ですが

一般の方のレッスンは

結果よりも経過が大事ではないかと

思っています。

 

表面の良さだけではなく、

練習の内容とポイントを

重要視しているのです。

 

それは、これからも

出来るだけ長くピアノを楽しんで貰いたいからです。

 

何が難しかったのか

どうしたら克服できるのか

 

いつも

生徒さんの気持ちに寄り添う

指導者でありたいと

私はいつも思っています。