Vinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.x

    春から習い始めた着付け。

    月に2回通っています。

     

    先月は浴衣を着て

    歌声サークル7か所に行き

    皆さんがとても喜んでくださいました。

     

    去年までは浴衣も一人では着る事が

    出来ませんでしたが

    随分と慣れて

    今では帯も簡単に結べます。

     

    難関はやはりお太鼓。

    仕事が終わった後

    夜に練習をするのですが

    汗だくになりながら

    でもどこかは必ず失敗をするのです。

     

    今日は、着付け教室の皆さんと

    着物でランチ会があり

    私は初参加!!

     

    随分と練習しましたよ。

     

    着物の中心を揃え

    お太鼓の位置などを入念にチェック。

    慎重に慎重に。

     

    やった!

    恐らくカンペキです!

     

    出かける前に父に見せると

    「お~上手に着られるようになったなあ」と

    目尻を下げて喜んでいました。

     

    レストランに到着すると

    先生が「とても綺麗に着る事が出来たわね!」と

    褒めてくださいました。

     

    この教室では

    まず補正下着を作るところから始まります。

    この下着があることで

    紐できつく縛っても苦しくなりませんし

    着崩れもしません。

     

    私にとって和服を着る事は

    自分の為というよりは

    お客様に

    着物姿を見て楽しんで頂きたいという思いの方が

    強いんです。

     

    歌声サークルの皆さんには

    お太鼓が結べるようになったら

    着て来ると約束しているので

    楽しみにしてくださっていると思います。

     

    母が残してくれた

    着物を

    私が引き継ぐことが出来たのが

    本当に嬉しい!!

     

    着方を忘れないように

    教室にはこれからも通い続けたいと

    思っていますよ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    先日、歌声のある会場で

    いつもより早く会場に入られたメンバーさんがいました。

    私がマイクのセッティングをしていると

    その方はピアノで伴奏を弾き始めたんです。

     

    「歌って!」と言われたので

    私はその伴奏に合わせて

    日本の唱歌を歌いました。

     

    私はセッティングをしながらだったので

    適当に歌っていたのですが

    気が付くと

    伴奏をしながら私の顔を見ているではありませんか!

    殆ど鍵盤は見ず、顔を見ながら弾いているのです。

     

    私はとても驚きました。

     

    歌い終わると、開口一番

    「これをやってみたかったのよ!」。

     

    歌手と伴奏者がお互いを見つめあいながら

    演奏するのをテレビなどで観て

    一度でいいからやってみたかったのだそうです。

     

    でも

    やってみたいと言っても簡単に出来る事ではありません。

    いつも顔を上げて弾く練習をしていたのでしょうね。

     

    私も伴奏をしながら

    顔を見合わせて弾くこともたま~にありますが

    楽譜をしっかり見ていないと

    間違える可能性が大きいので中々

    思い切って出来ないんです。

    でも出来たらとても楽しいだろうなと思います。

     

    この方の様に

    これをやってみたい!という目標が

    具体的であるほど

    実現しやすいのだと思いますが

    誰にも教わらず

    独学でそれをやったのですから

    凄いことです。

     

     

    只今95歳!!

    「良い冥途の土産になったわ」と言って

    笑っていましたよ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今日の生徒さんは

    15歳で初めてピアノを習い始め

    今2年半が過ぎようとしています。

     

    ゆっくりではありますが

    着実に初見力がつき

    思うように弾けるようになって

    とても楽しそうです。

     

    スケールや和音転回の練習もしているのですが

    この練習ってホント

    同じことの繰り返しで全くつまらないのです。

    ドミソ・ミソド・ソドミ

    ファラド・ラドファ・ドファラ

    音名を言いながら両手で和音を弾きます。

    始めのうちは

    言う音と弾いている音が違っていたり

    指番号が曖昧だったりしますが

    徐々に慣れてきます。

     

    これを練習すると

    楽譜に和音やアルペジオが出てきた時に

    一つ一つの細かな音を読まなくても

    塊で音をとらえる事が出来

    指もスムーズに動きます。

     

    また、コードネームや和音記号も言いながら

    和音を弾いていると

    ポピュラーピアノにも役に立ちます。

     

    これらの練習は

    生徒さんには何のための練習なのか

    分からず、練習をおろそかにして

    しまいがちです。

     

    地味ですし

    全てを習得するのには何年もかかります。

     

    でも、いつか彼女が結婚して

    自分の時間が出来たときに、ふと

    ピアノが弾きたいと思って

    楽譜を見てすぐに弾けたら

    とても楽しいだろうと思うんですよね。

     

    今日は

    とても退屈であろう、その練習を

    熱心に毎回練習している彼女の姿が

    目に浮かぶようだったので

    特に「素晴らしい!」と褒めましたよ。

     

    地味な練習をコツコツと

    積み上げる事の出来る人は

    素晴らしいと思います。

     

    何の為の練習なのか

    最初は分からないと思っても

    「いつか弾けるようになる」と

    信じて指導に応じてくれるのは

    私にとっても本当に嬉しいことです。

     

    「年数は掛かるけど

    地道に少しずつ力をつけていれば

    あなたが大人になっても

    好きな曲をスラスラと弾けるようになるのよ」。

     

    生徒はこの言葉を

    目を輝かせながら

    聞いてくれたのでした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     ある大人の生徒さんのレッスン。

    自分でアレンジし、楽譜も書いています。

    「私が一生懸命頑張った点を

    先生がちゃんと認めてくれるのがとても嬉しい」と

    言っていました。

    具体的に、どの部分をどのようにして頑張ってきたのか

    それは、生徒と先生にしか分からない事で

    的確さをもって褒め、認めることは

    指導者としての信頼に繋がると私は思っています。

     

    1曲で注意する点については

    一つか二つ。

    的を絞った方が

    練習もしやすくなります。

     

    結果を求めることも大事ですが

    一般の方のレッスンは

    結果よりも経過が大事ではないかと

    思っています。

     

    表面の良さだけではなく、

    練習の内容とポイントを

    重要視しているのです。

     

    それは、これからも

    出来るだけ長くピアノを楽しんで貰いたいからです。

     

    何が難しかったのか

    どうしたら克服できるのか

     

    いつも

    生徒さんの気持ちに寄り添う

    指導者でありたいと

    私はいつも思っています。

     

    毎月行っている「歌声くらぶ」では

    発声練習を取り入れていますが

    声がよく出るようになったと

    喜んでいただいています。

     

    大きな声で歌う事は

    ストレスの発散にもなりますし

    健康にも良いですよね。

     

    そしてこれだけではなくて

    笑いもあります。

     

    ちょっとしたゲームでも

    笑うと

    腹筋を使うので声もよく出てきます。

    私は頭を使うゲームが苦手で

    しょっちゅう負けます。

    「先生でも間違えるんですね」と
    大笑い!

     

    歌は不思議です。

    一瞬で思い出のあの頃にフラッシュバックします。

     

     

    私も

    母が認知症で

    父と一緒に施設に訪問の度に

    「ふるさと」を歌いましたので

    亡くなった今

    ふるさとを歌うとついつい

    泣いてしまいます。

     

     

    それぞれの方が

    深い思い出の歌を持っていますので

    思わず感情が溢れてくるのです。

     

     

    大きな声で歌い

     

    笑って泣いて

     

    感情が豊かになる1時間。

     

    そして素晴らしいお客様との出会い。

     

    それらが全部

    私自身とても楽しみにしている

    ひととき。

     

    それが「歌声くらぶ」なのです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Please publish modules in offcanvas position.