私はレッスンで

効率の良い練習法を教えていますが

毎回ポイントを絞っています。

そして

何の為にこの練習が必要なのかを

必ず説明しています。

 

練習をすることによって

どのような良い結果が生まれるのか。

 

それが分かると

モチベーションが上がり

楽しさが長続きするのです。

 

動画配信

「効率の良い練習法」の第3回目は

音符を繋がりで読む方法を取り上げています。

 

私は、初めてピアノを習う生徒さんに

早い段階で「音程」を教えます。

 

音程というのは

二つの音の高低差のことです。

 

次の音がどのくらい上がっているのか

下がっているのかを見て

音を判断する方法です。

 

 

1つ1つの音を「これはラ」とか

「これはシ」とか覚えるのではないんです。

あくまでも繋がりで読むのです。

 

今回は2度と3度のトレーニングも

入れてみました。

 

隣りの音は何か

一つ飛んだ音は何か

 

すぐに思い浮かぶようにするための

トレーニングです。

 

最初は思う様に

口が回らないかもしれません。

実は私も3回くらい

撮り直したんですよ(笑)

ここだけの話です。

でも脳トレみたいで面白いので

是非お試しください。

 

宜しければチャンネル登録の

ボタンを押して頂けましたら嬉しいです。

 

ではこちらを

ご覧くださいね!