Vinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.x

    OZ(プロフィール)

    「OZ」の由来

    「オズ」の名付け親は事故で他界した友人です。

    「オズ」は、虹の彼方にある「夢」は誰でも叶えることが出来るという事を教えてくれています。

    「かかしの脳ミソ」「ライオンの勇気」「ブリキの心」を求めてオズに会いに行きますが

    実はこれらの能力全て、最初から自分の中にあるということに気付かされます。

    潜在的に持っている能力を引き出し、音楽を愛する人たちを応援する「夢の架け橋」になっていけたらと願っています。


    小倉裕子(おぐらゆうこ) 

    札幌市出身。 2004年5月JAZZプレイヤーを講師に迎え、オズスタジオというサロン風音楽教室の経営を始める。 テレビ番組「ASAYAN」で活躍した小林幸恵さんのプロデュースを行い札幌芸術の森JAZZフォレストに出演。2009年9月OZスタジオ講師陣から成る「OZバンド」と共に大阪ビルボードにてライブに出演。 2007年1月にソニーミュージックより「ありがとうのうた」(歌・松本大地)が発売され、北海道日本ハムファイターズ公認感謝ソングとなる。同年7月江別市民会館での当時の監督トレイ・ヒルマン氏による「江別 alive」にて音楽監督を務める。2011/5滝川市で開催される100キロウォーキングテーマソング「辿り着くために」(作詞&歌 松本大地. 作曲 小倉裕子)を発表。2010/10 HBCテレビ「グッチーの今日ドキッ!卓・アキのぶらリサーチ」でオリジナルコミカルシャンソン「自意識過剰の恋(青のりLOVE)」が紹介される。2012/2月札幌市立西岡北中学校にて総合学習授業にて「音楽の仕事」についての講演を行う。2015/8ムード歌謡曲を作曲「夜のすすきのゼロ番地」CD発売、2016/3よりカラオケDAMにて配信開始される。YouYubeで公開中。

    2016年 松方弘樹最期の主演映画「野花」のエンディングテーマ曲に「辿り着くために」(唄・恵比川ヒロシ)が採用される。2017年、DVDの販売とレンタル開始。

     

     

     

    Please publish modules in offcanvas position.