最近入会した生徒さん。

    過去にピアノを習ったことがあるそうですが

    初心者さんです。

     

    初めに、持参したテキストの中から1曲弾いてもらいました。

    スラスラと弾けたのですが、

    私は思うところがあって、そのテキストの一番最初の方の曲を選びました。

     

    すると案の定、全く弾けません。

    音符が読めないのです。

     

    生徒さんに

    最初に弾いた曲がスラスラと弾けたのは

    どんな練習をしたの?と質問すると

     

    「お手本を真似をして、ひたすら練習しました」と答えました。

     

    音符が読めないまま、

    「お手本を見よう見まねで何度も練習する」。

    この方法では、忘れてしまったら全く弾けなくなるという事になります。

     

    音符を理解し、練習の方法を身につければ

    ゼロからのスタートではなくなります。

     

    私はこの生徒さんにまず

    「思考回路を変える」事を徹底的に教えています。

     

    1)「音符を見る」

    2)「弾くべき音を頭に入れ、指に伝達する」

    3)「確信してから音を鳴らす」

    1)~3)の繰り返し。

     

    ピアノを初見でスラスラと弾ける人は

    この循環のスピードが

    訓練によって速くなっています。

    初見に強くなれば、

    曲を忘れて弾けなくなるという事はありません。

     

    この循環をスムーズにするための

    細やかなトレーニングも必要です。

     

    指を見ないで弾く。

    音のつながり方(音程)で読む、など。

     

    私は、この生徒さんが将来結婚をして

    ふと、自分の時間が出来た時に

    好きなピアノをスラスラと弾けたら

    きっと楽しいんだろうなあ~、って思うんですよね。

     

    自立した練習が出来るようになれば

    それは可能です。

     

    これって

    どんな勉強も同じなのかもしれませんね。

     

    「その場しのぎ」ではなく

    成長を助けるための力をつける。

     

    講師は、どうしたらそのような力を付けられるかを

    知っています。

     

     

    この生徒さん、レッスンを始めて3ヶ月経ちます。

    先日のレッスンでは、先ほどの1)~3)で

    ゆっくりではありますが

    随分と正確さが増してきました。

     

    正確に弾けると、テンポはゆっくりでも

    メロディが留まらずに流れるので

    楽しく感じられるようになります。

     

    レッスンに来て始めの頃は緊張していた生徒さんでしたが

    今では、ニコニコで楽しそうです。

     

    毎日、10分でも20分でもこの方法で

    集中して練習すれば、効果は必ず上がります。

     

     

    これからが楽しみですよ!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    先日、松沢幸司先生との「フルートコンサート」は

    私のお誕生日でもありました。

     

    このお誕生日コンサートは

    去年に引き続き2回目です。

     

    今年も松沢先生がハッピバースデーを

    ピアノで伴奏。お客様全員で歌ってくださり

    思い出に残る、嬉しいお誕生日となりました。

     

     

    夕飯を作っている主人に「今日はどんなご馳走?」と聞くと

    いつも通りのメニュー(白身と赤身魚のフライ)だったみたいで

    私が「ちらし寿司が食べたい」と言うと

    サッと作ってくれましたーーーー。

    ハハハーありがたや~~

     

    娘たちや、生徒さんからもメッセージや

    プレゼントを頂いて、本当に本当にありがとう!

     

    お客様から

    「あと2年で還暦なのーーー?!!」って。

     

     

    確かにそうなんですよねー。

    50代もあと2年。

    今のうちに出来ること楽しんじゃおうっと。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    前回、膝を痛めて

    見知らぬお爺さんに助けられたお話をしました。

    あのあと2週間で完治しました。

    今ではスタスタと歩いています。

     

    しかし数日後、

    今度はギックリ腰をやってしまいました。

    スタジオの前をホウキで掃いていた時です。

    もともと腰痛がありましたが、ストレッチと運動で

    数年間ギックリ腰から遠ざかっていました。

     

    数年ぶりの痛みでしたが

    ゆっくり歩く分には支障がなかったので

    腰ベルトをして「歌声サークル」のお仕事に出かけました。

     

    会場に着くと

    まさかのお客様1人だけ。

    初めての事です。。。

     

    ちょっと意気消沈して

    「今朝、ギックリ腰をやってしまったんです」と告白しました。

     

    するとなんと!

    そのお客様は整体師さんでした。

    しかも訪問専門の整体師さんで

    簡易ベッドも持参していたのです。

     

    歌声サークルは、即、整体の時間となりました。

     

    1時間ほどかけてゆっくりと

    身体全体を調整して、腰も随分と楽になりました。

     

    整体というと「痛い」イメージがありましたが

    この方の施術法は全く痛くありません。

    自然治癒の身体を作るのが目的のようです。

     

    施術後に

    筋肉を緩める体操を教えてもらいました。

     

    先生の筋肉は緩んでいるのに、身体の軸はしっかりとしています。

     

    これは発声法にも繋がるのかもしれません。

    是非この体験を今後の発声法に活かしたい!

     

    そう思ったのでした。

     

     

     

    膝に続いて腰までも助けていただいて

    誠に感謝な日々なのでございます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    5年ほど前から始めたダイエットが成功し

    5キロほど痩せたものの

    最近また太り始め。。。

     

    これはマズイ!

    YouTubeを見ながら、あるエクササイズを

    試みました。

    たった10分で凄い汗が出て

    音楽に合わせてダンスを踊るだけなので

    楽しく痩せられるわ!と喜んでいたのですが。

     

    2週間後、足首が痛くて痛くて

    歩くのもやっとの状態。

     

    裸足で踊っていたために

    全体重が足首に負担が掛かってしまったようです。

     

    おとなしく2週間休んだら、足首も回復!

     

    今度は裸足ではなく、上靴を履いて

    張り切ってダンスを始めました。

     

    もうすぐ10分が経つと思ったその時

    左ひざがコキッとなって身体がよろけました。

     

    痛くて続けられず、あえなく断念。

     

    一時的に痛くなっただけと思いましたが

    数日たっても

    歩くと膝の関節が痛くなり

    暫くの間歩けなくなってしまいます。

     

    そして今日、

    整形外科で診察してもらいました。

    「少し腫れていますね」と言われましたが

    「いえ。先生、もともと太いんです」。

     

    レントゲンの結果

    端の半月板がすり減っているようです。

    やっぱり負荷がかかりすぎた。。。

     

    先生には恥ずかしくて

    ダイエットで踊りすぎたとは言えませんでした。

     

    念の為に、来週MRIを撮ることに。

     

    帰宅途中、100均に寄って行こうと

    駐車場に車を停め、ショッピングセンターに向かおうとすると

    また膝が痛くなって立ち止まりました。

     

    やっとの思いで歩いてお店に入ると

    見知らぬおじいさんが私に声を掛けました。

     

    「半月板でしょ!俺もやったことあるから、アンタ見てすぐに分かったよ」。

     

    そして、内股に柔らかいボールを挟んで

    両股を締めると、膝が良くなると教えてくれました。

     

    100均に行くとちょうど良いボールがあったので

    帰宅してすぐに試してみると

    あら不思議!スタスタと歩けるじゃあありませんか!

     

    ほんと、不思議です。

     

     

    おじいさんに感謝。

     

    これから数日たっても痛みがなければ

    MRIの予約をキャンセルしようと思います。

     

     

    あーあ。

    しばらくはダンス禁止ですわ。

     

     

     

     

     

     

    昨年の秋から

    中学3年の女の子が入会しました。

     

    ピアノを弾くのも習うのも初めてという彼女。

    「ショパンを弾きたい」という高い目標を持っています。

     

    レッスンが始まっても、しばらくは

    自宅で練習することができない彼女のために

    ピアノを弾くための基礎的な要点を教えました。

     

    スムーズに楽譜が読めて弾けるようになるには

    いくつかの要点を覚えて、あとはそれを元に応用する要領の良さが必要なんですね。

     

    理解力バツグンの彼女には

    要点を口頭だけで説明し、

    「自宅に帰ったら覚えた内容を全部ノートに書き出す事」を宿題としました。

     

    この様な宿題を出すのには目的があります。

     

    1)書く時間が節約でき、他の要点を説明する時間が増える。

    2)覚えようとする意識が、より強く働くのでレッスンに集中できる。

    3)生徒がどこまで理解できているかをチェックする事ができる。

     

    講師が説明しながら書き出した要点を

    生徒が丸写しをするのは

    ただ惰性でレッスンを受けているのにすぎません。

    (私が学校で受けた授業が全部そうでしたから(笑))

     

    「覚えたことを自分の言葉で書く」ことは

    ピアノを習う上での積極性を高めることに繋がります。

     

    入会して2ヶ月後にピアノを購入して貰った彼女。

    約半年経過し、現在は

    両手で簡単な初見演奏が出来るようになっています。

     

    練習方法にもポイントがあります。

    これを守って練習すれば

    短い練習時間でも効果が上がるのです。

     

    高校受験もある中、休まずにレッスンに通いました。

    そして無事、希望校に入学!!

    おめでとう!!!!

     

    ショパンが弾けるように

    これからも頑張ろうね!!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    © 2015 Your Company. All Rights Reserved. Designed By Web-Komp

    Please publish modules in offcanvas position.