10月の上旬に、無事

    娘夫婦が引越しを終えることが出来ました。

     

    お世話になったお礼ということで

    私たち夫婦を十勝のペンションへ

    招待してくれました。

     

    紅葉も見事な最高のドライブ日和となり

    久しぶりの休養をゆっくりとることが出来ました。

     

    可愛がっていたペットのハムスターが

    死んでしまったので

    寂しい気持ちでしたが

    とても晴れやかな思い出に残る旅となりました。

     

     

    帰宅して数日後

    母が逝去しました。

     

    3か月前に高熱が1ヶ月続いたあと

    食べることが困難になり

    最期は肺炎で亡くなってしまいました。

     

    葬儀から始まり

    各種の手続きなどで忙しく

    悲しむ暇もないのですが

    それでも時々母を思い出しては

    泣きそうになります。

     

    1か月前まで

    母と一緒に「はとぽっぽ」を歌っていました。

    認知症でしたが

    メロディだけは覚えていたんです。

     

    歌の力って素晴らしいですね。

     

    これからは母と私をつなぐもの

    それがきっと音楽なのだと思っています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    先週6日の早朝、大きな地震が起こりました。

    私が住んでいる所は震度5でした。

    コップが1個割れた程度でしたが

    長女夫婦が住んでいる東区のマンションは6階で

    水道管とボイラーが断裂。

    住めない状態になってしまいました。

     

    今、我が家で避難生活を送っています。

    揺れが酷くて「死ぬかと思った」と。

     

    停電は2日間でした。

    食料や電池などの防災グッズは日頃から準備していましたので

    大丈夫でした。

     

    主人は「修行に行ってくる」と言って

    水のシャワーを浴びていましたよ(笑)

     

    災難ではありましたが

    街路灯が消えていたことで

    夜空の星が、まるで降ってくるかのように綺麗に

    見えたことや

     

    娘夫婦とともに、ゆっくりと

    お話をする時間が与えられたことに

    感謝しました。

     

    おかげさまで引越し先も決まり

    新たな部屋で再出発できそうです。

     

    まだまだ被災に合われた方々が

    多くおられますので

    早く落ち着いた生活が送れるよう

    お祈りしたいと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    鍵ハモシスターズは

    鍵盤ハーモニカ4人のアンサンブルユニットです。

     (プロフィールはコチラ

    お客様に楽しんで頂くための

    選曲やプログラムを企画するのは

    毎回の課題です。

     

    10月8日(13:00~14:00)に行うライブ(詳細はコチラ)では

    2名ずつのデュエット。

    前回までは、鍵盤ハーモニカとピアノ伴奏という

    構成でしたが

    今回は鍵盤ハーモニカ2台のデュエット。

     

    しかも

    一人でベースとアルトを両方使うという

    東裕子さんの手作り二股ホースは必見です。

     

    普段は4人で弾くところを

    一人で伴奏するというのは

    とても大変です。

     

    私もベースとバッキングを両手で弾きます。

     

    本体を首に掛けてぶら下げた状態で

    両手で弾くので

    左手のベースは特に難しいのです。

     

    それにしても

    鍵盤ハーモニカは健康に良いですよ!

    腹式呼吸で、徐々に息を吐いていきますが

    長いフレーズを一息で弾きますから

    「息を吐ききる」事がとても多いんです。

    歌やヨガなどの発声法と同じです。

     

    昔、風船ダイエットというのがありました。

    風船を何個も膨らませているうちに

    身体の代謝が高まってくるのです。

     

    鍵盤ハーモニカを集中して練習すると

    お腹が空いているのを忘れてしまい

    ついつい手が出る完食を防ぐことができます。

    音楽は楽しいですし

    あっという間に1時間!という事もしばしば。

     

    指を動かすことで脳の刺激にもなりますし

    健康とダイエットには効果バツグンといえます。

     

    今回のライブで

    「体験コーナー」なども企画できればと思っていますので

    是非ご参加くださいね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    子供たちが幼かった頃

    まだ経済的に豊かではなかったので

    キャンプによく行ったんです。

     

    軽のワゴン車で

    後部座席に主人手作りの木製ベッドに

    子供たちを寝かせ、

    私たち夫婦はその下で寝ました。

     

    毎年、少しずつの道具などを買っては

    家族でキャンプを楽しんでいました。

     

    あれから25年。

     

    今は第2次キャンプブームだそうですね。

     

    娘たちも嫁ぎ

    今は夫婦仲良く、キャンプを楽しんでいます。

     

    そして

    OZの仲間たちと

    一緒にデイキャンプに行くのも

    毎年の楽しみとなりました。

     

    今年は、北広島自然の森キャンプ場。

     

    札幌中心から車で1時間ほどでしょうか。

    森の中にある自然豊かなキャンプ場です。

    デイキャンプなら

    利用料金が大人一人¥200という安さ。

     

    車の横付けはできませんが

    駐車場から近いですし

    リヤカーも借りられるので便利です。

     

    寒かったけど、墨のコンロのそばにいれば

    温まる~~~。

     

     

    やっぱりキャンプはいいよね~~。

     

    BOBさん、タカちゃん

    そしてミー君。

     

    楽しい一日をありがとうございました!!

    また一緒に行こうね!!

     

     

    最近入会した生徒さん。

    過去にピアノを習ったことがあるそうですが

    初心者さんです。

     

    初めに、持参したテキストの中から1曲弾いてもらいました。

    スラスラと弾けたのですが、

    私は思うところがあって、そのテキストの一番最初の方の曲を選びました。

     

    すると案の定、全く弾けません。

    音符が読めないのです。

     

    生徒さんに

    最初に弾いた曲がスラスラと弾けたのは

    どんな練習をしたの?と質問すると

     

    「お手本を真似をして、ひたすら練習しました」と答えました。

     

    音符が読めないまま、

    「お手本を見よう見まねで何度も練習する」。

    この方法では、忘れてしまったら全く弾けなくなるという事になります。

     

    音符を理解し、練習の方法を身につければ

    ゼロからのスタートではなくなります。

     

    私はこの生徒さんにまず

    「思考回路を変える」事を徹底的に教えています。

     

    1)「音符を見る」

    2)「弾くべき音を頭に入れ、指に伝達する」

    3)「確信してから音を鳴らす」

    1)~3)の繰り返し。

     

    ピアノを初見でスラスラと弾ける人は

    この循環のスピードが

    訓練によって速くなっています。

    初見に強くなれば、

    曲を忘れて弾けなくなるという事はありません。

     

    この循環をスムーズにするための

    細やかなトレーニングも必要です。

     

    指を見ないで弾く。

    音のつながり方(音程)で読む、など。

     

    私は、この生徒さんが将来結婚をして

    ふと、自分の時間が出来た時に

    好きなピアノをスラスラと弾けたら

    きっと楽しいんだろうなあ~、って思うんですよね。

     

    自立した練習が出来るようになれば

    それは可能です。

     

    これって

    どんな勉強も同じなのかもしれませんね。

     

    「その場しのぎ」ではなく

    成長を助けるための力をつける。

     

    講師は、どうしたらそのような力を付けられるかを

    知っています。

     

     

    この生徒さん、レッスンを始めて3ヶ月経ちます。

    先日のレッスンでは、先ほどの1)~3)で

    ゆっくりではありますが

    随分と正確さが増してきました。

     

    正確に弾けると、テンポはゆっくりでも

    メロディが留まらずに流れるので

    楽しく感じられるようになります。

     

    レッスンに来て始めの頃は緊張していた生徒さんでしたが

    今では、ニコニコで楽しそうです。

     

    毎日、10分でも20分でもこの方法で

    集中して練習すれば、効果は必ず上がります。

     

     

    これからが楽しみですよ!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    © 2015 Your Company. All Rights Reserved. Designed By Web-Komp

    Please publish modules in offcanvas position.