Vinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.xVinaora Nivo Slider 3.x

    新たな挑戦

    以前、タンゴのライブを観に行ったとき

    伴奏者がピアノの上に鍵盤ハーモニカを置いて

    アコーディオンの代わりに演奏していました。

     

    実際、シャンソンでも

    アコーディオンは欠かせない楽器。

     

    シャンソンの伴奏でも

    鍵盤ハーモニカを生かせるかもしれません。

     

    鍵ハモシスターズのソロ演奏の時に

    タンゴやミュゼットなども演奏し

    速弾きも出来るようになりましたので

     

    ちょっと伴奏の練習してみることに。

     

    左手(ピアノ)はベースとバッキング。

    右手(鍵盤ハーモニカ)はバッキングまたは

    オブリガードという複旋律を弾きます。

     

    首からベルトで下げ、胸元で弾くので

    瞬時に右手をピアノに下すことも出来ます。

     

    難しいと思いきや

    案外上手くいきました。

     

    いや、これ

    かなり面白いです。

     

    4月下旬に

    アートサロン細川さんで

    湯浅輝子さんのシャンソンコンサートがあり

    私が伴奏をさせて頂くことになりましたので

    是非、ピアノと鍵盤ハーモニカで演奏したいと

    思っています。

     

    鍵盤ハーモニカのソロの為に

    伴奏カラオケを作りましたので

    ミュゼットを演奏したいと思います。

     

    これからの伴奏スタイル。

     

    あらたな挑戦です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Please publish modules in offcanvas position.