ポピュラーピアノ科のレッスン

    昨年の秋から

    中学3年の女の子が入会しました。

     

    ピアノを弾くのも習うのも初めてという彼女。

    「ショパンを弾きたい」という高い目標を持っています。

     

    レッスンが始まっても、しばらくは

    自宅で練習することができない彼女のために

    ピアノを弾くための基礎的な要点を教えました。

     

    スムーズに楽譜が読めて弾けるようになるには

    いくつかの要点を覚えて、あとはそれを元に応用する要領の良さが必要なんですね。

     

    理解力バツグンの彼女には

    要点を口頭だけで説明し、

    「自宅に帰ったら覚えた内容を全部ノートに書き出す事」を宿題としました。

     

    この様な宿題を出すのには目的があります。

     

    1)書く時間が節約でき、他の要点を説明する時間が増える。

    2)覚えようとする意識が、より強く働くのでレッスンに集中できる。

    3)生徒がどこまで理解できているかをチェックする事ができる。

     

    講師が説明しながら書き出した要点を

    生徒が丸写しをするのは

    ただ惰性でレッスンを受けているのにすぎません。

    (私が学校で受けた授業が全部そうでしたから(笑))

     

    「覚えたことを自分の言葉で書く」ことは

    ピアノを習う上での積極性を高めることに繋がります。

     

    入会して2ヶ月後にピアノを購入して貰った彼女。

    約半年経過し、現在は

    両手で簡単な初見演奏が出来るようになっています。

     

    練習方法にもポイントがあります。

    これを守って練習すれば

    短い練習時間でも効果が上がるのです。

     

    高校受験もある中、休まずにレッスンに通いました。

    そして無事、希望校に入学!!

    おめでとう!!!!

     

    ショパンが弾けるように

    これからも頑張ろうね!!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    © 2015 Your Company. All Rights Reserved. Designed By Web-Komp

    Please publish modules in offcanvas position.