伴奏者としての思い

    考えてみれば、私は子供の頃から伴奏が好きでした。

    小・中・高校では、合唱で。

    卒業式も伴奏していました。

     

     

    そして今も

    シャンソン、日本歌曲など

    歌の伴奏をさせて頂いています。

     

     

    最近ではバイオリン、チェロとのトリオや

    フルートなどの楽器とのデュオも。

     

     

    伴奏のお仕事で心がけていることがあります。

     

     

     クラッシックや日本歌曲は特に演奏する方によって
    解釈が異なり

     

    表現の仕方が違います。

     

     

     リハーサルの際に、主演者の表現をしっかりと受け止めて

     

     

    本番までの間は、録音した音源を元に本番で
    100%の力を発揮出来るよう

    更に詰めて練習します。

     

     


    お仕事として伴奏をさせて頂ける事は本当に有難い事です。

     

     

    「また小倉さんに伴奏して貰いたい」と言っていただける様に

    「私にしか出来ないこと」「私だから出来ること」を探しながら

    「表現者」にピッタリと寄り添うように努めています。

     

     

    「音楽」は会話だと思います。

     

     

    一方的な思いは相手には通じません。

     

     

    その場でしか感じることのできないワクワク感も

    共有することで楽しさは倍増します。

     

     

    主役の表現を精一杯バックアップ出来るような

    伴奏者でありたいと思っています。

     

     

    2017年より
    OZスタジオにて

    お客様がピアノ伴奏で歌っていただく為の
    新たなコース「ピアうた」を設けました。

     

     

    ピアノ伴奏と共に

    歌を楽しんでみませんか!

     

     

    どうぞご利用ください。

    詳細はこちらのページをご覧下さい。

     

     

     

     2015年シャンソン教室発表会の伴奏を担当しました。

     

    2015年小林幸恵(ボーカル)さんLiveにて(蛇池雅人as)

     

     2015年2月 あるパーティにて。

     

    2016年シャンソン歌手湯浅輝子さんコンサートにて。

     2016年堺谷睦さんヴァイオリンコンサートにて

     

    2016年 オペラ歌手南出薫さんコンサートにて

     

     

    2016年藤容子と仲間たちコンサートにて

     

    2016年松沢幸司さんフルートとオカリナコンサートにて

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    © 2015 Your Company. All Rights Reserved. Designed By Web-Komp

    Please publish modules in offcanvas position.