中学校で講演「音楽の仕事」

2012年2月

札幌市立西岡北中学校にて

総合学習として

「音楽の仕事」をテーマにした講演をしました。

 

ネットで調べれば

音楽の仕事にはどんなものがあるのか

すぐに分かると思いますので

 

私は、自分の体験談や

音楽関係の仕事をしている方々と接し

 

自分なりに

考えている事を70分間述べました。

 

講演を聞くのは退屈ですよね。。。

聞いてくれる生徒はどのくらいいるのだろうと

初めは不安に思っていましたが

 


音楽に興味を持っている生徒は

とても多く

殆どの生徒が顔を向けて聞いてくれました。

 

 

今は

音楽だけの仕事に就く事が出来る人は

少ないのが現状だと思います。

 

 

音楽業界も大きな転換期を迎え

新たな道も依然として暗中模索の状態です。

 

 

「エンジニア」「演奏家」

「プロデューサー」「演出家」「作詞・作曲家」

「アレンジャー」「楽器修理屋」「音楽出版」など

 

 

私の身近な方々の例を挙げてお話しました。

音楽の仕事に就くために東京に行って

新聞奨学生として2年間学び、精神的肉体的な苦難を

乗り越えた、私のピアノの生徒さんからのメッセージも

伝えました。

 

 

私が生徒たちに一番伝えたかったこと。

 

 

それは。

 

 

「仕事は与えられるものではなく

自分で作るもの」だという事です。

 

 

どの職業でも同じとは思いますが

自由業であるならば

尚更のこと、積極的な姿勢は必要不可欠です。

 

 

演奏技術だけではなく、時には営業力も必要です。

 

 

そして人との信頼関係も大事です。

 

 

 

講演が終わって

生徒の皆さんから嬉しい感想文が沢山届きました。

 

 

今でも大切に持っていますよ。

 

 

 

翌年に卒業した生徒がOZスタジオに

報告に立ち寄ってくれた時は

本当に嬉しかった!

 

 

社会に羽ばたく子供たちを

私もいつも応援しています!!